らぶそーxxx.

キミに touch 幻を catch

10周年とは

お祭りである。2006年にデビューしたKAT-TUNは2016年に10周年を迎える。各デビューグル―プはたいていアニバーサリーイヤーを大切にしていて、どデカいイベントをする。少し気になってわたしが初めて10周年の年を体感した1999年9月デビューである嵐の2008年9月~2009年12月まで、すなわち10周年に向けての1年とその年の最後までを調べてみた。(ジャニーズネットのBiography参照)

 

 

f:id:meg32489:20150725193149j:plain

…果てしなく働いているじゃないか!!!5人全員が個人仕事をしていない月がないという衝撃(もちろんレギュラー番組もあるし、CM、ラジオもある)。クイズショウとスマイルに至っては、同クールにグループから2人も主演をしていたとはとんでもない。あと、リリースがほぼ途切れないのもすごい、常に金欠状態。確かにこの時期、嵐をテレビで見ない日はなかったように思う。

 

 

 

 

また、みんな大好きYJ括りも見てみた。まずは一番10周年を早く迎えたNEWS。

f:id:meg32489:20150802164127j:plain

これはこの記事を読んでいる人のほとんどが知っていると思うけれど、2011年秋にいろいろあったNEWSにとって、美しい恋にするよツアーはまーーーあ普段のツアーとは別物で。正直、10周年の2013年よりも2012年の方が印象的な部分はあるけど、やっぱりデビュー日に焦点を合わせた東京ドーム公演はとってもプレミアムで、本人たちもファンも最高に楽しかったと思う。羨ましい。忘れちゃいけないのが小山はeveryやってることと、グループでのレギュラー番組がないこと。どちらも2015年現在も継続中で、小山のファンはほぼ毎日姿を見れるけど、他メンバーのファンはだいぶテレビで生存確認する回数少ないように感じる。(KちゃんNEWSは小山以外のメンバーがローテで出演してるけど、ラジオだからリアルタイムではない)

 

 

あとはテゴマスの活動!これが4人全員の活動を遮ってるのは確かだけど、2人だからこそ出来ないこと(カバー曲の発売、アカペラ披露、音楽番組で有名歌手とコラボ等)が出来ているのは良いことだと思う。歌って踊るのが好きなファンは物足りないと思うけどwどちらにせよ脱退うんぬんをいじられたり、手越の過度な王子様キャラでこの時期にたくさんテレビで見かけたし、認知度というか好感度を一気に上げた気がする。

 

 

 

 

続きまして、関ジャニ∞

f:id:meg32489:20150725193445j:plain

如何せんデータも7人分ということで、嵐よりもさらに字が小さくなってしまってごめんなさい。なによりエイトはリリースのスパンが半端じゃない。ほぼ毎月新譜が出ているとは、こちらも金欠状態。そして、こんなに忙しいのに年に1度のコンサートツアーは徹底しているし、なんなら2014年は10周年のお祭り(と言う名のコンサート)を味スタで開催している。エイトだけに8周年でかなりのお祭り騒ぎだった(東京大阪で1日6公演ほどのイベント、初スタジアム+アリーナ+ドームツアー)のに、2年しか経っていない10周年でも絶えずお祭り騒ぎ。楽しそう、というか楽しかった。

 

 

あと、エイトは生放送のレギュラー番組が多く、リアルタイムで生存確認が出来る機会が圧倒的に多い。表の時期だけでも、ヒルナンデス!(横山村上)、レコメン!(横山丸山)、トウキョ―ライブ(安田)があり、2015年現在は上記に加えて、サタデープラス(丸山)、大倉君と高橋君(大倉)がある。当たり前だけど、テレビで見かける機会が多ければ多いほど、新しくファンは増えるし、現在ファンである人は更に加熱していく。嵐と同じように、同クールのドラマに同じグル―プから2人も主演が選ばれるのは、単純にすごいと思うし人気である証拠のように思う。とにかく、10周年前後はめっちゃ楽しかった!!!不満だった思い出がほとんどない!!!

 

 

 

 

ここで我らがKAT-TUNの状況をまとめてみた。

f:id:meg32489:20150725194051j:plain

全体的に白い。白すぎる。

カズヤ舞台が発表された時点で、夏の活動はないとわかったものの、秋はあるでしょ~と思ったらうえぴー舞台発表。これは…まさか冬(というかカウコン)まで何もないのか…?もちろんKAT-TUNもレギュラー番組はあるものの、全員がそろうのは少プレとタメ旅のみで、タメ旅は全国放送ではない。ラジオは中丸田口、亀梨のみ。生放送はシューイチとGoing!。シューイチは単純に報道番組として見ている人達へのアピールになっているから好印象だけど、Going!のカズヤに関してはファンの中でも好き嫌いが分かれている時点で何とも言えない…(爆)(個人的には、野球が本業かよwと言われているカズヤは見たくない)

 

 

なによりも個人的に衝撃だったのが、FNS夏祭りに呼ばれていないこと。ここまでたくさんのグループが参加するのに何故。(最新曲はもちろん無いけど、同じ条件のグループは出演していた)(というか出演グループの曲目が、2015年リリース曲と人気曲のセットだったのでさらに呼ばれなかった理由が謎)とこっとんフジテレビとご縁がないかつんだけど、いつもこういった大型歌番組には呼ばれていたから、さすがに少数派である呼ばれない組に入るとは思っていなかった。これはデビュー前からのことだけど、いつもカズヤは1人で忙しい。今年の夏も舞台しながら、甲子園の特番をNHKでやる。紅白を狙っているのかもしれないけど、そうなると確実に京セラでの単独カウコンは終わる。

 

 

嵐から下のグループの10周年を体感してきた身として、こんなにも10周年に向けて追い風が吹いていなくて大丈夫なのだろうかと最近不安に思う。以前から、コンビ(シンメ)萌え~だの、過去の役柄やコンサートをやたら引きずっている人達には疑問を感じていたけれど、KAT-TUN本人たちもファンたちも、もう少し危機感を持った方が良いように思ってしまう。あくまでも好きだからこうならざるをえないんだよな~好きって難しいo(^o^)o