読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らぶそーxxx.

キミに touch 幻を catch

ABC座2013ジャニーズ伝説・総括②

続いてSnow man。どうにもこうにも現場が被らなくて、きちんとすのーまんを見るのは野球大会ぶりだったっていうねwwwブランクすげえあったわwwwなんやかんや滝ソロDVDも買ってクリエレポも読み漁って、ミシピ露出とか全部追ってたんだけど、予想以上の成長にびびった。まず、存在感パネエ!っていうのが最初の感想。前にも少し話した渡辺翔太さんの目力とかアクロバットの揃い方とかそれぞれのキャラクターとか。今回は阿部くん執事、オーデ渡辺、ツイストダンスのいわふか、なんとなくなべさくっときちんと役割が与えられてて。しかもそれの大半がアドリブ部分で。スッキリ!のリハを見た限り、ドリボやってたから真面目なお話部分にねじ込む時間が無かったからかなー?と思ったものの、結果的には成功だからこれでいいのかも。言い方悪いけど、リピーター多量であるすの担をアドリブで楽しませてくれたエビに、さすがわかってますね!と菓子織り送りたい。



最近はいわふかが謎として活動するのが多くて、正直すのーまんとしてのバランスとか空気感はどうなのだろうと思ってたけど、結局すのーまんはあの6人であり、ふっかちゃんがゆるゆる最年長で渡辺さんの攻めの姿勢があるから安定するのかなあと。謎でいわふか高評価されてたけど、個人的には全然視界に入って来なくて(嫌いとか趣味とかそういうアレではない)阿部ちゃんを見ようとする私の視線を渡辺翔太さんに奪われた結果となったwwwマジで怖かったんだから!そういう人たくさん居るって!!何より最後の挨拶でフォーメーションころころ変えて最後にふっかちゃんがピラミッドの頂点に立つ演出に震えた。誰発信なのか知らないけど凄い良かった。上手いこと今のすのーまんを表現してたなー。うーん。アレ本当に良かった。


あとはやっぱり歌が問題かなー。すのだけのブルドックしか見てないけど、やっぱりまだユニゾンではない。ただただ6人で歌ってます!みたいな。ハモリとまでは言わないものの『脱・地声』してほしい。そう考えると本当に渡辺翔太さん上手かったわー。なんとなくは全然滑舌気にならなかったもん^^(そこですか)あ、あと、要所要所でみんなマイク付けてて口動いてるのに、ふっかちゃんだけ動いてないときあったよん☆きちんと歌おうねん☆☆


ジャニーズJr.総出演!!!と前振りされてて、幕が開いたらSnow manが先頭にいて。その後ろにTVでは推されている岩橋と宮近が居て。何だか社長にお前らがジャニーズJr.のトップだぞ!と言われているような気がしたんだよねー。実際、全然そのメッセージに恥じることない存在感を放っていたかなーと。『ジャニーズJr.=Snow man』と言える様になる日はそこまで遠くない予感。よーーーしテッペン取るぞーーー!!!!!!


追記:滝channel第109回については絶対書く。