読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らぶそーxxx.

キミに touch 幻を catch

今宵、小瀧くんの爆モテリア充っぷりを味わおう

bayじゃないか5月16日放送回にてとんでもない会話が繰り広げられたので文字起こし。とりあえず読んでくれ。

 

 

メール「男女の友情あり?なし?私の考える条件はお互いに彼氏、彼女なしならありです」

小瀧「(条件は)関係ない、関係ない」

桐山「逆に彼氏彼女いた方が友情って出来るくない?」

神山「ん?」

桐山「例えばA子ちゃんと俺が仲が良いとして、どっちかに彼氏彼女おった方が友情にはなるよね、一線は越えへんし有り得る」

小瀧「あー確かに確かにね」

桐山「だって(お互いに)シングル、シングルやったら一線越える可能性あるやん」

神山「うんうんまあ…」

小瀧「添い寝やろ?そふ…今流行の」

桐山「添い寝流行ってるよな!」

神山「え!!!なにそれ!!!」

桐山「そふれ!」

神山「うぇ!?なにそれ!!!」

小瀧「添い寝フレンドのそふれってやつ」

神山「ハァ?なにそれ」

桐山「添い寝するけど手は出さないっていう」

神山「初めて聞いたなにそれ」

桐山「流行ってんねん。もしそれやってる人いたらどういう意図なのか(お便り)送って」

小瀧「こういう時に添い寝してほしいですとか、添い寝した結果どういう効果が自分にあったのかとか」

桐山「匿名希望とかでもええから」

小瀧「匿名でええし、出身地とか書かなくてもええから」

神山「どういうものなのか知りたいだけ」

桐山「実はチューまではしましたとか有り得るで?」

神山「有り得るで!!」

桐山「けどもうしちゃったら恋愛やで?」

小瀧「しちゃったら友達やないもんね」

桐山「そういう人の気持ちが気になるから送ってきて」

小瀧「はい、待ってます」

神山「初耳~!」

小瀧「そういうこともあり得るってことでしょ?シングル、シングルだったら」

桐山「無きにしも非ずやろ」

小瀧「いや、あると思うけどね」

神山「男女の友情ね?」

小瀧「うん」

桐山「神ちゃんも?」

神山「ありやろ。普通に女友達おるし。俺、2歳くらいから幼馴染と家族ぐるみで仲良いし、ありやないかな?って思う」

桐山「その人をさ、恋愛対象で見たことはないん?」

神山「ない!」

桐山「ないんや」

小瀧「ないやろ、幼馴染は」

神山「全然ない!」

小瀧「男みたいな感覚やろ?」

神山「そうそう、男みたいな性格やしソイツ」

桐山「え?男なん?」

神山「ちゃうちゃうちゃう!活発な女の子やで」

小瀧「え?ついてんの?」

神山「ついてぇない!ついてないはず!!」

桐山「何がやろ何がやろ」

小瀧「運がね、運が」

桐山「あ、運ね(笑)」

神山「ついてないついてない」

桐山「あ~ありやけど、ちゃんと女性として見たいけどな。女の人は全員…けどありやな!」

小瀧「ありでしょ」

桐山「どこまでいける?」

小瀧「どこまでいける?ってどういうこと」

桐山「例えば1人女の子いて望いて、友情になりました。2人で旅行いける?」

小瀧「え?友達と?」

神山「友情のアレ(関係)でな」

桐山「1日!」

小瀧「(自分に)彼女いて?」

桐山「いや、シングル、シングルで」

神山「お互い彼氏彼女がおったら行かない!」

桐山「あー、もちろんそうや!だからシングルで考えよ?……俺、これシングルで考えよ?って3回くらい言うてるで(笑)なんでみんな無視するん(笑)?」

小瀧「いや、ちょっと待って。それは…どこ?場所は?」

桐山「場所まで言わな考えられん?国内とか?」

小瀧「うん」

桐山「じゃあこれ(ラジオやってるのは)東京やから、大阪とか!」

小瀧「ホンマに友達やったら行けると思う」

桐山「2人?」

小瀧「うん」

桐山「もんち(神ちゃん)も行ける?」

神山「俺行けるな」

3人「いやぁ~~~(溜息)」

桐山「けど俺、変にドキドキしそう。今から女性やん!って思ってしまうかもしらん」

小瀧「旅行とかやったら部屋とかもなんか…部屋ね!」

桐山「別々なのか、だから友情やったら一緒でええってことやろ」

小瀧「でも、なんかわからん!ドキドキしてまうかもしらん!いや、絶対に手は出さないっていうのはあるけど」

桐山「手も繋いだらアカンで」

小瀧「手は繋がへんやろ」

神山「そりゃもちろんや!」

桐山「わからんで?歩いててちょっとずつ小指と小指がとかあるかもしらんで」

小瀧「なんやねんその歯がゆい感じ!まあ旅行は大人数で行きたいけどね」

神山「せやな!そっちの方が楽しいしな」

桐山「なりやすいパターンとしては、女の人が男の人に恋愛の相談したら友情よな」

神山「あ~」

桐山「壁が出来るよね、恋愛対象じゃなくなるというか」

神山「確かにね」

桐山「これありやな!あり!!あり!!」

小瀧「ありですね。で、これはどうやって次の曲に行くんだい?」

神山「これちょうどええやん!恋愛には色んな形ありますからね」

小瀧「そっか!題名がぴったりです。聞いてください」

桐山「添い寝はこういうことですよ!!!」

小瀧「ジャニーズWESTでアカン!!!!!LOVE」

 

 

 

 

 

 

ということでね...カズヤがジャニーズのセックスシンボルなら、小瀧くんはジャニーズのナチュラル爆モテリア充です(断言)。ほんと現実世界にいたら絶対に近寄れないし、好きだなんて恐れ多くて口にも出せない!!!!!改めてだけど小瀧くんが好き勝手に好きだと叫べる対象のアイドルでヨカッターーーーー!だって一般人だったら軽いストーカーだもんね!!!!感謝感激雨嵐!!!!!(爆)

 

 

 

っていうか、そふれというものの存在をサラッと口に出すアイドルなんて今までいた?もう土曜の夜に頭抱えた…ひたすら知らない!なにそれ!って言う神ちゃんの純粋さに救われた…ありがとう(涙を流しながら)(ぐううううう)ほんと小瀧くんのスクールカースト最上位オーラってなんでここまですごいんだろ。どこから切り取っても楽しいキラキラな漫画みたいな人生送ってきたんだろうな~リア充してんな~~な~~~それに比べてわたしは…と書こうと思ったけどあまりにも酷いのでやめよう。リア充はしてないけどなんとか楽しい人生は送ってるもんね!ポジティブ!ポジティブ!!(テンションが迷子)ということで、そんな小瀧くんからの有りがたいお言葉を綴って終わりにします。

 

 

 

 

小瀧「合コンは戦場やからな!!!!!」

 

 

 

 

よっしゃ!ジャニーズがシングルジャニヲタのこと遠回しに応援してくれてるよ!!みんな頑張ろうね!!!(どーーーん)(ほんと小瀧くんナチュラル爆モテなんだから…)