読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らぶそーxxx.

キミに touch 幻を catch

この際、最強の顔面を纏った天才に騙されてみようか。

Hey!みんな小瀧くんの10000字読んだかい?



ということでやっと感想をつらつらと。(長いです)










まず、わたしと小瀧くんの歴史について今後の為にも書き留めておこう。
わたしが初めて小瀧(デビューするまではくん付けしてなかった)を知ったのは、少クラの『いい加減好きって気付けよ』です。電流走った。けど、東京住みだと関西の子に触れる機会が無いし、まだお互いに中学生だったのでそこまで発展はしませんでした。所詮テレビの人みたいな(笑)




で!運命の少年たちDVD!!エビキス目当てで友達に借りて、松竹座のディスクを見終えた頃には小瀧の虜でした。ここで確実に運命の歯車狂った。全く!罪な男だぜ!!!(謎のテンション)(許して)思い立ったら即行動な人間なので、この年の松竹座にわざわざ年下の小瀧に会いに行き、運良くファンサービスを貰い、首ったけになり、今に至ります。これからもヨロシク。








さて!気になるポイントをあげながら書こう\(^o^)/


①お姉ちゃんとの話

可愛い可愛い可愛いいいいいい( ;;)わたしも一応は姉だけど、ここまでべったりな関係は築いてない(笑)ここには書いてないけど、ガトーショコラの話も大好きです。こんな兄弟マジ漫画の世界だよな~!よし、業界関係者はこの話でドラマ1本撮ろう!!




②反抗期なかった話

これは全力でわかる。わたしも反抗期無くすごい親子円満に過ごしてきた(笑)!小瀧くんの人の善さの原点はこれなんだろうな。




③オーディションの話

まさかの小瀧くんが受けたオーディションの曲が、田口くんのソロ曲・夏の場所だった事実ね!!!からの、わたしそのコンサート行ってる事実ね!!!小瀧のジャニーズ歴よりも、自分のジャニーズ好き歴の方が長いとはなかなか響く!!!!!(涙を浮かべながら)




④すぐグループ組んだ話

やっぱりエリートは違うな~と。そりゃあんな可愛い顔面してれば喜多川おじちゃんもユニット組みたくなるよね。納得!納得!!ここで周りの目を気にするよりも、優しい先輩たちにくっついた小瀧くんマジ頭良い。


けど、もしわたしがジュニアだったら、


『なぁ聞いた?新しいグループ出来るらしいぞ!』
「え、マジ!?メンバーだれ!??」
『優馬がメインのユニットだって~小瀧?とかいうあの新人も入るらしい』
「!!!アイツこないだ初めてレッスン来たのにー!?うわー俺ら選ばないとか、社長見る目ないわ~!!!」


とファーストクラスばりのマウンティング始めちゃう。




⑤家族がエゴサしてた話

お願いお姉ちゃん、お母さん。ここ見つけても本人に伝えないでくださいd(^-^)




⑥『大好きな人といるときは、やっぱり素でいたいなあって』の話

泣く
こんなこと言えるのすごいな~(笑)今まで小瀧にはかっこよさを最優先に求めてきたんだけど、こんなこと言われちゃったら何も言い返せない。2枚目だろうと3枚目だろうと、小瀧くんが楽しいなら好きなだけアイドルして欲しい。わたしからの願いはそれだけです。




⑦『メンバーもファンの人たちも、これからずっと一緒にいるんで、素でいたほうがいいじゃないですか。ナチュラルにいたいんで。』の話

引き続き泣く
これからずっと(T_T)これ以上、年上を泣かせないでくれ(T_T)(T_T)




⑧ウザいくらいメンバーが好きな話

ほんとそれな(突然の若者ノリ)見てて痛いほど伝わるよ(笑)




⑨辞めようと思ったけど誰にも相談出来なかった、高校1年生の頃の話

いや~ここが一番意外だったポイントかな~!!正直、個人的には小瀧くんがジャニーズ以外の道を選ぶことが考えられなくて。7WESTは分裂したけど、わたしは小瀧単体で好きだったから正直ユニットとかどうでもよかったし。そんな中、頑張ってる周りのジュニアに辞めたい相談出来なかったというのは、なるほど!納得!というか。それで家族にも言わずに1人で封じ込めてたとはね…普通の高校1年生ならこんなこと考えないよ(笑)やっぱりアイドルというか小瀧くんは普通の人ではなく、ジャニーズなんだな~(笑)普段ならこんなこと言わないけど、辞めないでくれてありがとう\(^o^)/♡




⑩寂しかったけど、人の人生を自分が選択する権利はない話

これほんとわかる。っというか、やっぱり小瀧くん頭良い。芸能界での生き方上手。




⑪ウォルトディズニーの言葉を信じて、ドーム公演を想像してる話

わたし自分が高校生の時にウォルトディズニーの言葉なんて知ってもなかったよ…(ボキャ貧でごめんな)
ドームを目指しているのは素直に嬉しい!やっぱりかつん担をしてきたわたしとしては、コンサート=東京ドームでド派手にやってナンボ!!!な人だから早く見たいな~。(まぁカウコンでドーム立つだろうけど、わたしは京セラなのでネ)(これだから掛け持ちはつらい)




⑫高校3年生までにデビュー出来なければ辞めるとリミット決めてた話

実際に自分が高校3年生を経験してみて、やっぱりこれまでの人生で一番くらいに大きな決断をしたのはこの年だなと。だから小瀧の意見は理解出来る。大学って環境も変わるし、それに対する過程も人それぞれだし、受験で人格変わるし(笑)櫻井さんもこの年だったらしいから、やっぱり多くの人にとって、此所が分岐点なんだろうな~



少し前にも書いたけど、わたしはあんなに順調にジュニアとして活動していた小瀧が辞めるという考えがあるとも思ってなかったし、何なら十代で絶対デビュー出来ると思ってたから驚いたかな。真面目に将来のこと考えてたのね。




⑬次はなにきん話

完全に見透かされてた~!ヲタクの考え筒抜け~~!
これはわたしが一番複雑に思ってたポイントだったから、話してくれてスッキリした!(詳しくは昨年書いた『松竹冬の陣』という記事を読んでみてね^^)向井よりは年下だし、金内西畑とはタメなのにやっぱり境界線あると意識してたんだね(笑)で、危機感覚えてたんだね、それでよかったけど。どうにもあのユニットが許せなくて見ててイライラして、初期のなにわ一等賞も全然好きじゃなかったから、ほんと今の7人でデビューしてくれてよかった♡♡♡




⑭喜多川おじちゃんの『あ!ジャニーズWEST4の「4」は、ふぉーゆーと被っちゃうから取らなきゃ!』話

デビュー組よりもジュニア内ユニットを大切にするおじちゃんクソワロタwwwwww…ってなるかよ!!そんなにふぉーゆーのこと好きなら全国区で売ってくれよ!!!理由メチャクチャだけど、とにもかくにも4取れてよかったな!!!!!




⑮『たとえば、僕を"7"好きでいてくれるより、7人を"1"ずつ好きでいてくれる方が嬉しいです。グループとして愛される方がうれしいじゃないですか。みんな好きって言ってくれるほうが。僕が好きなメンバーを、みんなも好きになってくれたら、そんなに幸せなことないなって。』の話

完☆敗
ほんと、よくもここまでヲタクの気持ちわかってるね(笑)デビュー前からのWESTファンの多くは元のユニットが好きで、未だに囚われてて、元のユニ曲歌って欲しいとか普通に言ってて、個人の集まりというか、7人好きとは言いつつもやっぱりあの頃を忘れられないみたいな感じで。まぁわたしはユニットと言うより小瀧くん一筋だったから、小瀧くんさえ目立てばそれでいいかなと思っちゃう人なんだけど(笑)

こんな私達ファンのことをよーーーーーくご存知でwww!!!!!

ここまでお願いだからグループを好きになってアピールされたら、黙ってヲタクはそうするしかないでしょ…やっぱり生き方上手だわ…




⑯『7人だから描ける未来があるんです。』の話

わかったよ!小瀧くんがジャニーズWESTの7人を好きなことは痛いほどわかったよ!!うんうん、わたしも小瀧くんに負けないくらい好きになってみせるね!!!









っということですごく長くなってしまった…
やっぱり全体を通して思ったのは、小瀧くんマジ私達ファンのことと芸能界のこと知りすぎてる上に、生き残るの上手すぎ…/(^o^)\ということ。

こういう人を真のエリートと言うんだろうな(笑)



わたしは小瀧くんの年齢の1つ上ということで、何かといつも去年の今ごろの自分と比較してしまうんだけど、今まで一度も自分にも出来る!とかこんなこと言える!とか思ったことはなくて、やっぱりジャニーズは違う生き物なんだろうなと痛感させられる。だから、中盤にも書いたけど小瀧くんには、ありのまま楽しくジャニーズして欲しい。それがわたしの活きる糧だよwww!!!!!(泣きながら)(ありのままとは言ったけど、規則だけは破るなよ!!!!!!!)





ジャニーズの小瀧望として存在してくれてありがとう\(^o^)/これからもヨロシクね\(^o^)/\(^o^)/